Majextand

・PCスタンドの完成系。Majextand(マジックスタンド)の欠点が浮かばない。

私は仕事、動画観賞、ブログ制作などノートPCに触らない日はありません。

なのでPC周りのものはかなりこだわって選んだものを使っています。

Majextandもその一つでもう2年以上愛用しているアイテムです。


  • PCスタンドを使うメリット
  • Majextandの魅力
  • 他の製品と比べて

PCスタンドを使うメリット

・メリット1_体への負担軽減

ノートPCの構造上、モニターとキーボードの位置が近くなってしまう為、自然と顔は斜め下を見る形になり。首や背中が丸まった姿勢になってしまいます。

その結果に肩凝りや疲れが溜まる原因になるので毎日PCを使う私には致命的です。

PCスタンドを使用することにより画面の高さを上げることが出来るので姿勢の改善になります。

またキーボードにも角度が付くことでタイピングも快適になり良いこと尽くめです。


・メリット2_冷却効果

PhotoshopやPremierProなど画像や動画の処理を仕事で行う為、PCにはかなりの負担がかかり熱が発生します。

皆さんもスマホやPCを操作していて熱くなっている。と感じた経験があるんじゃないでしょうか。

PCはスマホと違い、熱を発する部品がテーブルなどPCとの接地する底面にある為、熱が冷めづらいのですがスタンドで底面を浮かすことにより空気との接地面が増え冷却効果が増します。

熱により大事なデータが破損する危険や、PCのパフォーマンスにも影響が出るので非常に重要なポイントです。


Majextandの魅力

PCスタンドは形や機能など様々なものが売られていて値段もまちまちです。

そんななか私がMajextandを愛用し続ける理由は、自分の使用目的とMajextandの機能の相性が良いから。

ではどんな人におすすめなのかまとめてみました。

  1. 持ち運ぶ頻度が高い
  2. 荷物をコンパクトにしたい
  3. 見た目や質感にこだわる
  4. MacBookユーザー

まず、

1.持ち運ぶ頻度が高い
2.荷物をコンパクトにしたい


のどちらにも共通しているMajextandの良い点は

薄い、軽い、PCに装着できる


これが非常に優秀です。

薄さは1.7mm。これは100円玉と同じ厚みです。まじで薄いです。

重量は約136g。素材にステンレスティール、亜鉛合金を使用しているのにもかかわらずこの軽さ。運ぶのが苦に感じたことは無いですし、そもそもPCにずっとつけているのでPCはこの重さ。という認識にすらなってしまっています(笑)

PCの底面に着けてそのまま平置きでももちろん使えるので、スタンドを一緒に持ち運ぶという感覚より自分のPCにスタンドの機能を付いたという気持ちです。

スタンドを忘れるや失くすという概念すら無いのでそういったストレスもありません。


次に

3.見た目や質感にこだわる
4.MacBookユーザー


です。MajextandはもともとMacBookを対象として作られている製品でカラーバリエーションもApple製品のカラーによせて作られています。

適合性:全てのApple製MacBook / MacBook Pro 及び スクリーンサイズが18インチ以下のノートパソコン(ただし、底面がフラットであるもの)注:一部Windowsノートパソコンでは使用できない場合があります。

色や表面の質感はもちろんですが細かいデザインまで洗練されて作られているのでMacBookと一緒に使いたいと思わされます。

他の製品と比べて

最後にMajextandを他の類似商品と比べてどのくらいのポジションの商品かを簡単に箇条書きで説明します。

・価格 …平均よりは高め

・高さ調節数 …6段階調節とトップクラス

・MacBookとの見た目 …トップクラス

・携帯性 …トップクラス

・操作性 …良い


値段はやや高いですが価格以上の品質と効果があると思います。
長く使える商品なのでパソコン疲れを蓄積する前に是非とり入れてみて下さい。

中川亮(なかがわりょう)1994年生まれ埼玉県出身 ・趣味_将棋とボードゲーム 出版社スタジオで4年勤め2020年、美術専門学校写真講師に転職。フリーランスでも活動してます。これを機に新しいことを始めてみようとブログを始めてみました!写真機材などだけでなく、好きなボードゲームやらガジェットやら自由に試行錯誤しながらやって行きたいと思っているので気になる所や質問などあれば気軽にコメント頂けるととても嬉しいです!
投稿を作成しました 37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る