キャノン用レンズをソニーマウントに!SIGMA MC-11が優秀すぎる。

「キャノンのカメラ使用しているがソニーが気になっている。」


という人には真っ先に知ってもらいたい製品です。

MC-11の存在は私がキャノンからソニーに乗り換える決断をする、決定打になったと言っても過言ではないものなので紹介したいと思います。


目次
・マウントコンバーターとは
・SIGMA(シグマ) MC-11の特徴
・満足度は80点


・マウントコンバーターとは

マウントコンバーターはマウントアダプターとも呼ばれますが一言でいうと、

カメラボディと異なった規格のレンズを使用可能にするアクセサリー

です。


例えばキャノンの場合は『EFマウント』という規格が使われ、
ソニーは『Eマウント』という規格が使われています。


このように規格が違うので本来であればEFマウントに対応したキャノンのレンズはソニーのカメラボディに付ける事は出来ません。


同様にEマウントのソニーレンズもキャノンのカメラボディでは使え無いということです。


ですがマウントコンバーターを使用すればその問題を解消することが出来ます。


先ほどの例ではキャノンとソニーを出しましたが他にもニコン、富士フィルム、ペンタックスなど規格は各社さまざまです。


マウントコンバーターは自分が使いたいカメラボディとレンズの規格が何かによって選ぶ必要があるので、


しっかりと調べてから購入するように注意してください。




・SIGMA(シグマ) MC-11の特徴

MC-11はSIGMAの製品です。

ソニーの『Eマウント』カメラボディにシグマの『SAマウント』レンズを装着できるものと、

同じくソニーの『Eマウント』カメラボディにキャノンの『EFマウント』レンズを装着できるものの2種類があります。

※SIGMA公式ページより引用




※SIGMA公式ページより引用



MC-11の特徴であり大きなメリットは

安定したオートフォーカス性能と撮影データに焦点距離やレンズの種類が反映される。

周辺光量、倍率色収差、歪曲収差などのカメラ側の補正機能にも対応。

という点です。


私はカメラボディはソニーのa7Ⅲ。レンズはキャノン純正のもので使用しています。


オートフォーカスは正確でしかも実用レベルのスピードです。


更にa7Ⅲの顔認証や瞳AF機能もしっかり使うことが出来るのが大きなポイントだと思います。

注意点ですが

公式では『シグマ製キャノン用レンズ』対応と表記されているのでキャノン純正レンズは本来の対応レンズではありません。

使用は可能ですがレンズごとに性能の差やMC-11の機能を受けれない点などデメリットもあります。
デメリットの細かい点は後ほど使用感で述べていきたいと思います。


・満足度は80点

惜しいと感じた点は2つ

1.サイズ
2.対応レンズ



この2点です。

1.サイズ

マウントコンバーターはカメラとレンズの間に仲介する機材なのでレンズの長さが長くなってしまうのがデメリットです。


ミラーレス機はコンパクトなボディサイズが魅力の一つですが、MC-11は厚みが約5cmとそこそこの厚みがあるので装着すると全体のサイズが大きくなってしまいます。


またレンズ部分が大きくなるとボディが軽い分レンズとの比重バランスが悪くなってしまい扱い辛くなってしまうのも大きなデメリットです。

2.対応レンズ

私はもう2年ほどMC-11を仕事で使用しています。


それだけ描写やAF性能は実用的で、信頼しています。


ですがやはりキャノン純正レンズに正規では対応して無いので、私が所持しているレンズの中で相性が悪いレンズもあります。


特に

・canon 100mmマクロ f2.8 Ⅱ
・canon 70-200mm f.2.8 Ⅱ



この2本に関しては描写は問題ありませんがAFの精度と速度が著しく低下します。


動く被写体や瞬時にカメラを構えて撮影したいという場面ではかなり厳しいです。


なのでこの2本のレンズを使用したい場合はまだキャノンのボディを使用しているので完全に移行できていないのが今の私の現状です。


もちろん対応レンズではないので製品自体は悪くはありませんが、私のようにキャノンからソニーへの乗り換えを考えている方で持っているレンズがほぼシグマという方は少ないんじゃないかなと思います。


その現状を考えると『惜しい』というのが正直な感想です。


ですがその他多くのレンズはかなり性能を維持したまま使用することが出来るので全て乗り換えするのにかかる金額を考えるとコスパは素晴らしい商品だと思います。


・まとめ

今回は久しぶりになってしまいましたがカメラ機材を紹介しました。


MC-11は私の写真環境を変える大きなきっかけになった製品です。


ミラーレスカメラが主流になってきた今、私のように機材を大きく変えたいと考える方が多いのではないかと思います。


そんな方の参考に少しでもなれば嬉しいです。


次回はカメラのメンテナンスアイテムを紹介しようと思っています。
ミラーレス機を使用している方は特に定期的に行って欲しいメンテナンスなので是非見て欲しいです。


最後まで読んで頂きありがとうございました。ではまた。


中川亮(なかがわりょう)1994年生まれ埼玉県出身 ・趣味_将棋とボードゲーム 出版社スタジオで4年勤め2020年、美術専門学校写真講師に転職。フリーランスでも活動してます。これを機に新しいことを始めてみようとブログを始めてみました!写真機材などだけでなく、好きなボードゲームやらガジェットやら自由に試行錯誤しながらやって行きたいと思っているので気になる所や質問などあれば気軽にコメント頂けるととても嬉しいです!
投稿を作成しました 37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る