ロモグラフィー

レンズが4つ!?Lomographyのちょっと変わったフィルムカメラActionSampler Clear

  • 全体的にチープでカラフルなデザイン
  • 最大の特徴である4つのレンズでのコマ撮り
  • 使う際の注意点
  • フィルムを変えてモノクロなども
  • 8つのレンズで8連写できるカメラも

・全体的にチープでカラフルなデザイン

チープというと悪い印象に聞こえそうですが、

これはチープだから良いなと感じました。

値段も公式HPでは¥3,500円と安価で

このカメラで出来ることはフィルムを巻いてシャッターボタンを押す。

本当にそれだけです。

逆にそれだけだからこそプラスチックのクリアケースで中の

バネやら部品が見えていても気にならないし、

そこが愛着の湧く部分とすら思えます。

操作も簡単で、撮った写真がどうなっているか

現像するまで分からないので、子供にも気軽に楽しんで

使ってもらえると思います

・最大の特徴である4つのレンズでのコマ撮り

上の写真は全てわたしが撮影した写真です。

このように4コマが1枚にまとまった写真を撮ることができます

どうです?面白くないですか?

フィルムの質感も4コマの雰囲気に合っていて私はとても好きです

左の写真は花畑という動かない被写体なのであえて動かしながら

シャッターを切り、真ん中は風が強いタイミング。

右は水族館でトドが近づいてきた場面です

静止画で4コマも良いですがわたしは動きがある方が好きなので

狙って使っています。 

・使う際の注意点

このカメラは基本的にとても簡単な作りになっているので

環境によって自分で設定したりすることが一切出来ません。

なので使うフィルムで明るさを調整したりするんですが、

基本的には明るい昼間の外などの場所で使う事をおすすめします

暗い室内では照明など光源になるものでないとキレイに映ってくれません。


ただ設定が変えられない分、使っていくうちにこれ位の場所なら撮れる。とか、

暗い場所でもこの照明だけ浮かび上がってるように撮れるかも。

と、どんな風に写るのか想像しながら撮ることができるので

現像して思い通りに撮れていたらより楽しさが倍増することは間違いありません!

・フィルムを変えてモノクロなども

先ほど、環境によって設定することが出来ないと書きましたが

フィルムは別です。

フィルムを変えればモノクロや色が鮮やかに写るもの、

全体が赤っぽいものや青っぽいものなど様々で

このカメラを作っているLomography純正のフィルム以外のフィルムも

もちろん使えるので種類はめちゃくちゃあります!

メーカーによっても色味や写真の質感は全然違うので

いろいろ試してお気に入りの1本を見つけるも良し

場面によって使い分けるも楽しいので

ぜひ撮り比べもして遊んでみて下さい!

値段参考のために純正フィルムだけリンク貼っておきます

・8つのレンズで8連写できるカメラも

・Lomography Oktomatという商品、公式サイトで¥4,980円となっていました。

機能は同じですがレンズは倍の8個!

見た目もめちゃくちゃ可愛いですよね!

・Lomographyの商品は他にも面白いものがたくさんあるので

ぜひ調べてみて下さい。

商品はAmazonなどで調べると公式サイトよりだいぶ高かったので

公式サイトやショップで買うことをおすすめします。

・Lomography公式ページ→https://shop.lomography.com/jp/

最後まで読んで頂きありがとうございました

中川亮(なかがわりょう)1994年生まれ埼玉県出身 ・趣味_将棋とボードゲーム 出版社スタジオで4年勤め2020年、美術専門学校写真講師に転職。フリーランスでも活動してます。これを機に新しいことを始めてみようとブログを始めてみました!写真機材などだけでなく、好きなボードゲームやらガジェットやら自由に試行錯誤しながらやって行きたいと思っているので気になる所や質問などあれば気軽にコメント頂けるととても嬉しいです!
投稿を作成しました 37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る