今がアツい!おすすめのワイヤレスイヤホン!AVIOT TE-BD21f

最近、使っている人がどんどん増えているワイヤレスイヤホン

たくさん種類がある中で私が欲しいと思っていたのはAppleのAirPods Proでした

そんな私がいろいろと調べ、結果なぜAVIOT TE-BD21fを購入したのかをざっくり説明したいと思います!

AVIOT TE-BD21fの気に入った4つの理由

  • 価格
  • 音質
  • 装着感
  • 片耳のみでの再生

・価格

やっぱり重要なのは価格です

ワイヤレスイヤホンは価格はピンキリですが、

私はイヤホンを使用する頻度が高く音楽もよく聴くので、そこそこ良いものが欲しいと思っていました

ただAirPods Proは約3万円に対し、AVIOT TE-BD21fは約1万4千円

ほぼ半額!これはかなり大きかったです

・音質

次に音質、なぜ数あるワイヤレスイヤホンの中からAVIOT TE-BD21fが候補に入ってきたか、その理由が音質です

1万〜3万円の価格帯の中で音質の評価が非常に高かったのがTE-BD21fでした

私もいくつか商品の候補を絞り店頭で視聴させてもらったのですが、

一番音の臨場感がありくっきり音が聞こえるという印象です

気になる AirPods Proなどノイズキャンセリング機能がついたものは

音質が落ちてしまうデメリットもあるそうなので両立はなかなか難しいそうです

・装着感

装着感はワイヤレスイヤホンを選ぶ中でかなり重要なポイントだと思います

駅などでワイヤレスイヤホンの落とし物が増えていたり、気づいたら片方だけ無くなってしまっていた、などよく耳にします

そして私がAirPods Proを候補から無くした理由が装着感です

しっくりハマらず、常に落ちそうな感覚がありました

それと比べAVIOT TE-BD21fは耳栓の様な形状で、

耳に押し込む様な感じで付けるのでフィット感が強く私は落ちた事は一度もありません

ですが、耳の形状は皆さん違いAVIOT TE-BD21fがうまくフィットしないという人ももちろんいるので、

購入する前には一度店頭で試しに付けてみることをお勧めします

・片耳のみでの再生

地味ですが意外と使っている機能がこれです

例えばAirPods Proの様に外部音取り込み機能があるワイヤレスイヤホンなら良いのですが、

そうで無い場合は周りの音も聞きつつ音楽も聴きたいという状況のときなどに片耳だけ使用したりすると思います

ですがそもそもそれが出来ないワイヤレスイヤホンも多くあるので気にしてみるといいかと思います

その他にも良いところ!

ざっくりで申し訳ないのですがこんな感じです!

私が購入したのはシルバーですが他にもブラックとバイオレットの3色展開になっています!

興味がある方は見てみてください!

ありがとうございました

中川亮(なかがわりょう)1994年生まれ埼玉県出身 ・趣味_将棋とボードゲーム 出版社スタジオで4年勤め2020年、美術専門学校写真講師に転職。フリーランスでも活動してます。これを機に新しいことを始めてみようとブログを始めてみました!写真機材などだけでなく、好きなボードゲームやらガジェットやら自由に試行錯誤しながらやって行きたいと思っているので気になる所や質問などあれば気軽にコメント頂けるととても嬉しいです!
投稿を作成しました 37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る