canon50mm

私がもっとも愛用しているレンズ、Canon EF50mm f/1.4 USM

  • 描写力と携帯性、価格のバランス
  • このレンズ特有のボケ感
  • ポートレイト撮影にも

・描写力と携帯性、価格のバランス

canonの50mmといえば撒き餌レンズとして有名で人気な

・EF50mm f/1.8 STMというレンズがあります

このレンズはフルサイズ対応、f/1.8まで開放でき重量役160g

現在Amazonでは約1万6千で購入することが出来るレンズで

私が初めて購入した短焦点レンズです

軽くて安くてコスパはとても良かったのですが、壊れてしまったのをきっかけに

1つグレードが上のEF50mm f/1.4 USMを購入しました

数値的に見るとF値が1.8から1.4に変わるだけで倍以上の値段と思ってしまいますが

全然違います!

もちろん違くて当然なのですが描写力、AFの正確性、スピード

もっと早く買っていたら良かったと思いましたし、

価格差以上の変化があると思います!

更に上のグレードでLレンズと呼ばれる最上位。EF 50mm f/1.2 USM

というレンズがあり、そちらも使用したことがありますが

もちろん良いレンズですが、重量581g、価格Amazonで約14万という

ほどの差は感じられなかったというのが正直な感想です

・このレンズ特有のボケ感

ISO100
シャッタースピード1/3200
f1.4

上の桜の写真が絞り開放で撮影した写真です

ボケ感にかなり特徴があるのがわかると思います

これは好みが分かれると思いますが

私はフィルム写真の様な編集やあえてノイズを入れる編集が好きなので、

この少しオールドレンズにも似たボケ味が好きですし、

自分の編集によく合うと思っています

ISO800
シャッタースピード1/400
f8.0

この上の写真は絞りをf8.0まで絞って撮影したものですが

さっきの桜の写真とはまったく印象が変わり、中心の岩からとても滑らかに

ボケていっていると思います

このレンズは開放は特性が強く、絞っていくにつれてシャープで滑らかな描写を

してくれるレンズなので使いこなすのも大変ですが、それだけ撮れる幅が広く

そこが魅力であり面白いレンズだと思います

・ポートレイト撮影にも

50mmのレンズはスナップ写真だけでなくポートレイトでも使いやすいです

特に家族や恋人、友人など身近な人を撮る時にはその距離感が分かりやすく

写真に出るのでおすすめです

またこのレンズはAPS-Cのカメラで使用すると約80mm相当になるので、

その場合は、目上の方を撮る際や宣材写真、前撮りといった”しっかりキレイ”に

撮りたい場面で撮影しやすいと思います

ぜひ興味のある方は使ってみて下さい

・もし欲しいと思ったら

・EF50mm f/1.4 USMは2002年に発売されたレンズなのでもう18年前です

もし新品で購入するのにこだわりがなければ中古でも全然良いと思います

価格.comだと中古の最安が¥21,800くらいらしいのでそちらも調べて探してみて下さい

最後まで読んでいただきありがとうございました。

中川亮(なかがわりょう)1994年生まれ埼玉県出身 ・趣味_将棋とボードゲーム 出版社スタジオで4年勤め2020年、美術専門学校写真講師に転職。フリーランスでも活動してます。これを機に新しいことを始めてみようとブログを始めてみました!写真機材などだけでなく、好きなボードゲームやらガジェットやら自由に試行錯誤しながらやって行きたいと思っているので気になる所や質問などあれば気軽にコメント頂けるととても嬉しいです!
投稿を作成しました 37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る